Top > 三大特長 > 浸炭熱処理

浸炭熱処理

キャスター

浸炭熱処理とは鉄の強度を高める処理方法です。

鉄の表面を硬くし負荷に耐えられるようにします。鉄の中は柔らかく処理して折れを防げるようにしています。
スチールボールが当たる箇所には必ず浸炭熱処理をしておきます。それによって鉄が削げづらくなり長年使い続けることができます。

浸炭熱処理工程

1.  鋼を高温になった炉内に入れ、その炉内にガスを充てんし、鋼の表面に炭素を染み込ませて熱処理を行います。

矢印画像


2. 浸炭熱処理の特長は、鋼のごく浅い表面部分は、固く耐摩耗性が向上し、内部は柔らかく靱性に優れた鋼に変化します。

矢印画像

3. 自動車部品工業機械には、浸炭熱処理された部品が数多く使用されています。パッキングキャスターには、スチールボールと常に接触している 複数の部品と製品強度高める部品に浸炭熱処理を行っています。

弊社が浸炭熱処理にこだわる理由

なぜ、弊社で採用しているキャスターに浸炭熱処理が行われているのか。

弊社ではガス浸炭熱処理という方法を用いて、胴体部の熱処理加工を行っております。
浸炭熱処理を行う事により、鋼のごく浅い表面部は硬く耐摩耗性に優れた部材になります。
また、硬度を上げ耐摩耗性に秀でるだけでなく、鋼の内部は柔らかく、靱性に優れた部材に仕上げる事ができます。 この浸炭熱処理をひと手間加える事により、『しなやかで強度の高い鋼』をキャスターの胴体に使用する事が出来るのです。

鋼材の比較について

1.熱処理を行っていない鋼(鉄材)
浸炭熱処理を行う前の鋼(生材)は炭素量が少ない為、曲げ加工や絞り加工に優れ、プレス加工に非常に適していま すが、その分、生材のままだと製品として組みあがった、キャスター自身の強度も弱くなってしまいます。
加工を行いやすい反面、当社の高荷重キャスターに見合う本体(胴体)の強度を生材で実現するのは非常に困難です。 高荷重に耐えられる強い胴体部に最適な材料を採用し、当社製品の特性である、動きが良く長期に渡りご使用頂ける キャスターをご提供する為に材質にもこだわりを持っております。

2.全焼入れを行った鋼(鉄材)
鉄材は、熱処理加工を行いすぎると表面硬度が高く、強い鋼になります。ですが、鋼材の中までしっかりと熱処理加 工をしてしまうと、炭素量が多くなり硬度が高くなりすぎてしまう為、衝撃に弱く、キャスターのように振動を受け やすい製品の場合、上手に衝撃を逃がす事ができず短期間で破損に繋がる恐れがあります。 また、弊社製品構成部品の中で硬度の高いスチールボールを内包する鉄材部分に全焼入れを行わないと、スチールボ ールとの接触部分が激しく摩耗されてしまい、旋回動作が鈍くなり、通常ご使用頂いた時よりも胴体が破損してしま います。

弊社が浸炭熱処理を採用する理由

浸炭熱処理を行う事で、『脆くなく・弱くない・しなやかで強度の高い鋼』を採用し、
『壊れず・長持ちで・高荷重でも動きの良いキャスター』を実現する事が出来ます。

弊社のプレス技術を最大限に生かす事の出来る浸炭熱処理加工を行う事により、
製品の品質を落とさず、長期に渡りご使用頂く事ができます。

プレス技術と鋼材のこだわりが、弊社製品の『高荷重』と『動きの良さ』を支え、
三大特長として弊社の最高の品質を支えています。

※ 性能を維持させるにはグリースアップの定期メンテナンスが必要です。
                       > メンテナンス参照へ


品質についてのお約束

私たちは高品質のものしか提供いたしません。
独自の製品試験を採用し
最高のパフォーマンスをお届けしています。

> 製品試験について詳しく見る

品質について

このページの最上部へ